医院ブログ

2017.08.09更新

西広島駅前のピノキオ歯科医院です。

今回はお子さんが受け口になっていて心配、また受け口にならないか心配という方にぜひ読んでほしいこと小児矯正について書きます。ぜひ参考にしてください。


まず受け口とは上あごより下あごのほうが前に出ている状態を言います。
原因は様々ですが、親の顔に似ることによる遺伝、舌の位置が低い、口呼吸ばかりしているせいで鼻の機能が低下して鼻の骨と一体化している上顎が小さくなるといった原因があります。

受け口をそのままにしてしまうと非常におおくのデメリットがあります。虫歯や歯周病になりやすかったり胃腸に負担がかかりやすかったり顎関節症になりやすくなったりします。また将来虫歯治療をしたときにかみ合わせや歯のバランスが悪いために治療も難しくなってしまいます。


ではいつから矯正治療をはじめたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
小児矯正に最適な時期は2期あって、1期目は7~8歳の永久歯の前歯が生えてきて受け口になった頃です。
2期目は中学生頃です。下顎は成長期とともに形が変わってしまうので、成長が落ち着いた頃から矯正治療を開始します。

受け口の治療をすることによってかみ合わせが合っていなかった歯でも食事できるようになり、歯への負担が少なくなり歯周病になりにくかったり、歯の変形がおこりづらくなったりします。また見た目も美しくなります。受け口にコンプレックスを持っている方もたくささんいますのでそういった悩みの解決できます。お子さんの将来を見越して小児矯正の治療も検討してみてください。

当院では取り外し可能なものを使用したり、取り外せないものを使用して治療することもあります。親御さんやスタッフとコミュニケーションを取りながらお子様に合わせた治療をしていきます。

最後に、矯正治療はどの年齢から開始してもいいのですが、タイミングよく治療することで、無駄に治療期間を伸ばさずに済むこともあります。
矯正治療を今から行うか、将来行うかでお悩みの場合は、西広島駅前のピノキオ歯科医院土曜日も診療してますので、一度早い段階で、いつでも気軽に相談ください。

小児歯科・小児矯正・小児の外傷・一般歯科 ピノキオ歯科医院 Pinocchio Dental Clinic お気軽にお電話ください 082-271-1203 9:30~12:00 14:00~18:30 休診日:水曜、日曜、祝日
広電西広島駅徒歩すぐ JR西広島駅徒歩1分
医院ブログ Blog
  • btn_tel_sp.png
  • 医院ブログ
082-271-1203