一般歯科

虫歯と歯周病の原因と対策

 虫歯も歯周病も、歯の表面に着いた歯垢が原因で引き起こされます。この歯垢を毎日の歯磨きで上手に取り除いていれば、通常の虫歯や歯周病は起こりません。しかし、歯磨きがうまくなされず、歯垢が何日も大量に取り残されていると、病気を生じさせることになります。最も大切なのは、お家で、毎日、正しい歯磨きを行うことです。そして、お家で取り切れなかった歯垢や蓄積した歯石を院内で定期的に取り除いていただきたいです。この両方がうまく咬み合うことが大切だと考えております。取り残しは誰にでもあります。その取り残しが存在していることを認識していただけることが大切です。

虫歯

細菌が酸を出すことで、歯を溶かす病気です。虫歯に関連する要因は以下①~④が関係します。

①細菌の種類・細菌の量
個人個人保有している細菌の種類が異なります。虫歯を起こしやすい細菌が多いという人もいます。対策としては、やはり、総量を減らす、歯垢を取り除くことです。一方、まれではありますが、歯垢だらけなのに虫歯がない人もいます。しかし、そういった人は油断してはいけません。歯磨き習慣のないまま過ごしていると、歯周病の方にはなる可能性がむしろ高まります。虫歯と歯周病は関連する細菌の種類や成り立つ機序が全く異なるからです。いずれにしろ、歯垢の除去が大切です。

②歯の質
歯の質はフッ素で強化することが可能です。お家用の毎日行うフッ素液やフッ素ジェル、院内で年に数回行うフッ素処置があります。即効性があるわけではないのですが、何年も行っていると確実に歯の質が強化されます。ただし、あくまでも、歯垢を除去することが基本として大切です。

③砂糖・環境
砂糖が、虫歯を引き起こす細菌の餌となります。糖を分解することで、酸が生じ、歯が溶けます。砂糖入りジュースやスポーツ飲料、甘いお菓子などは特によくありません。そして、覚えておいていただきたいのは、一日中、頻繁にダラダラと飲食をしないということです。飲食を行うと、お口の中が虫歯になり易い環境(酸性寄り)に傾きます。それを元に(中性に)戻そうとする能力が唾液に備わっているのですが、その能力が発揮される前に、再び悪い環境に傾けてしまうことになります。ダラダラ飲食は虫歯への影響が大きいとお考えください。また、毎日歯を正しく磨く習慣があるか、唾液の性質はどうかといったことも虫歯のリスクに関係してきます。

④細菌の種類・細菌の量
歯垢は生きた細菌の塊です。時間とともに歯垢が増える、溜まることも、もちろんよくありませんが、歯垢が成熟していることも注目すべき点です。つまり歯垢の質が変わり、時間が経つにつれ悪い細菌の割合も増えるということです。これは歯周病に関連した細菌にも言えることです。歯垢の取り残しは良いことがないということです。また、虫歯のある場所には細菌がたくさん存在しています。それを長期間放置することはその細菌にとってうれしい限りです。徐々に虫歯が進行します。

歯周病

 歯周病は大きく分けて、歯肉炎歯周炎に分類できます。歯肉のみに炎症が及ぼされている状態を歯肉炎と呼び、歯肉のみならず、骨などにも影響を及ぼしている状態を歯周炎と呼びます。歯肉炎の段階で改善しておけば、それほど恐れることはありません。それを放置してしまうから、歯肉が腫れるだけでなく、歯の周りの骨が溶けるまで至り、最終的には歯がグラグラし失われてしまうことになります。この一連の流れを早い段階で食い止めることが大切です。骨のレベルが大きく下がってしまいますと、以前のようにたくさん骨があった状態までは戻りません。だからこそ、数年後にも骨のレベルが失われることなく維持されていることが大切となります。

 ではどうしたらよいのでしょうか。歯周病の原因は歯の生え際に溜まった歯垢です。この歯垢を毎日の歯磨きできちんと取り除いていれば、通常の歯周病にはなりません。しかし、歯磨きがうまくなされず、歯垢が何日も大量に取り残されていると、歯周病を発症・進行させることになります。最も大切なのは、お家で、毎日、正しい歯磨きを行うことです。とは言いましても、歯の歯と歯の間もですし、歯の裏側やもちろん奥歯の磨きにくい部分も含め全ての歯磨きできっちり毎日歯垢を除去するのはやはり大変です。そこで、取り残した歯垢や歯石を院内で定期的に取り除いていただきたいのです。この両輪がうまく作動することが大切だと考えております。取り残しは誰にでもあります。歯垢をゼロにすることは不可能です。その取り残しが存在していることを認識していただけることが大切です。これは歯周病だけでなく虫歯に関しても言えることです。

歯周病の厄介なところは、病気が進行しているにも関わらず、普段はあまり痛みがないということです。体調がよくない日や疲れがたまった日に違和感や腫れを感じます。気にはなるけれど、また数日したら、なんとなく落ち着いたのでそのまま放置してしまった、というパターンがあります。ご理解いただけると思いますが、これだと、全く根本からの改善がなされていません。痛みがなくても、歯周病が存在していることを知っていただければと思います。それを放置せずに早めに対応することで、将来における〝歯の持ち”が上向きます。何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

病気の状態確認や歯の清掃を一緒に行ってみませんか。

 歯医者さんは歯に穴があいた時や歯肉が腫れた時だけ行くという方もいらっしゃると思います。
「痛みもないのに歯医者さんへ行くのはちょっとなぁ・・・」
と腰が重い方も方も、是非、一度、当院で受診していただきたいです。

虫歯や歯周病は痛みがないまま静かに進行します。痛みを感じるころには、かなり病気が進んでいることもあります。一度、現在の状況を確認してみませんか。仮に病気があったとしても、早めに発見対応することができれば、と考えております。

また、歯医者さんで、溜まった歯垢や歯石、着色を除去してみませんか。〝歯垢を落とす”ことこそが、将来の〝歯の持ち”へと繋がります。なるべくご自身の歯を健康に保たせることが大切です。ご自身では取り難い歯の汚れを取り除きに、来院してみませんか。

 歯医者さんへ行く習慣がない方は、怖いイメージがあるため、積極的に歯医者さんへ行こうとは思わない方もいらっしゃると思います。何も怖くないですよ。何らかのきっかけで、定期的にを受診していただけるようになっていただければ、と思います。

小児歯科・小児矯正・小児の外傷・一般歯科 ピノキオ歯科医院 Pinocchio Dental Clinic お気軽にお電話ください 082-271-1203 9:30~12:00 14:00~18:30 休診日:水曜、日曜、祝日
広電西広島駅徒歩すぐ JR西広島駅徒歩1分
医院ブログ Blog
  • btn_tel_sp.png
  • 医院ブログ
082-271-1203